矯正治療/完全個室のプライベートケアを徹底する中目黒の歯科[新井デンタルクリニック]

HOME > 矯正治療

矯正治療

┃当院の矯正治療について

矯正治療とは

悪い歯並びや噛み合わせをきちんと噛み合うようにして、きれいな歯並びにする治療です。しかし、きれいな歯ならびにするために、歯を削って「差し歯」にすることは、基本的にはありません。矯正装置を通じて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯ならびと噛み合わせを治していきます。歯 がふぞろいだったり、上下のアゴの歯ならびがお互いにちゃんと噛み合わない状態を、専門的には「不正咬合」といいます。

矯正装置について

矯正装置には様々なタイプがあり、口の中に入れるタイプとしては、取り外し可能な装置と固定式の装置があります。矯正装置というと目立ったり、かっこ悪いというようなイメージがありますが、現在はそんなことはなく、矯正していることがほとんど気付かれないような舌側矯正装置といったものもあります。舌側矯正装置とは、歯の裏側に装置をつけ、全く他人には見えることがありませんので、見た目が気になる方におすすめです。(症状やお口の形によりこの方法で治療できない方もいます)

歯並びと健康

出っ歯、受け口、八重歯・乱ぐき歯、開咬、手術が必要な顎変形症など、歯並びが悪いと歯槽膿漏になりやすかったり、ことばが明瞭でなくなったりする場合があります。また、歯並びが悪いために歯ブラシの毛先が隅々に届かなくて歯垢や歯石がたまり、虫歯や歯周病にかかりやすくなったりする可能性もあります。

歯並びが悪いことにより起こりうる症状

虫歯や歯周病にかかりやすくなる
歯並びが悪いために歯ブラシの毛先が隅々にまで届かない場合があります。また、かみ合わせが悪く食べ物を噛むことができないと、唾液の分泌量が少なくなり、口の中を十分に殺菌できなくなってしまいます。
発音に障害がおこる
反対咬合(はんたいこうごう。受け口のこと)や開咬(かいこう。奥歯が噛み合っていても前歯が噛み合わない状態)といった不正咬合の場合、サ行やタ行の発音が不明確になってしまいます。
イライラや体調不良の原因となる
かみ合わせが悪いと、あごが不自然な動きをし、あごや肩の筋肉に無理な力がかかってしまい、体の各部に悪影響を及ぼすことがあります。
顎関節症の原因となる
歯並びの悪さからくる「不正咬合(ふせいこうごう)」も顎関節症原因の一つと考えられています。
胃腸への負担が大きくなる
噛み合わせが悪くよく噛み砕くことができないと、消化しにくい状態で食べ物が胃に送られ、その結果胃腸に負担がかかってしまいます。

以上の症状以外にも、不眠症の原因となったり、肥満の原因となったり、体への影響は大きなものです。
また不正咬合を治すことで、自分の容姿に自信が持て、今までのコンプレックスを解消できることも、重要なことのひとつです。

料金について

治療にかかる費用は、治療方法やホワイトニングの本数によって料金は異なります。目安として1本 ¥3,000〜とお考え下さい。詳しくは一度ご来院頂き、ご相談下さい。

このページのトップへ