予防治療/完全個室のプライベートケアを徹底する中目黒の歯科[新井デンタルクリニック]

HOME > 予防治療

予防治療

┃歯科クリニックでの徹底した予防治療

歯の健康を事前に守るために

歯の健康を守るための予防治療も行っています。専門家による徹底的な歯面清掃で、美しい口元や健康な歯を維持するPMTCという治療と、フッ素を歯面に塗布する事で歯の再石灰化を促進し、丈夫で健康的な歯を維持するフッ素治療を行っています。

PMTCとは

専門家による徹底的な歯面清掃で、美しい口元や健康な歯を維持する為の治療法です。PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは口腔健康維持のためにプラークが付着しにくい環境を作ることを目的とした機械的な歯面清掃のことです。口腔内にはバイオフィルムと言って、目 には見えない細菌のすみかがあります。PMTCを頻繁に行い、日常のブラッシングでは磨くことのできないポケット内などのプラークを除去することによっ て、歯肉縁下プラークの形成を効果的に予防することができます。

PMTCの効果

虫歯の予防
最近を減少させ、プラークの再付着を防止。
歯周病の改善
歯周病菌を減少させ、歯肉炎の症状を改善。
口臭予防
菌の減少により口臭も軽減。
審美性の向上
着色を除去し、光沢のある歯の表面を回復
歯質の強化
フッ素を用いることで歯の再石灰化を促進し、歯質を強化
※場合により、ワントーンくらい歯が白くなる場合もありますが、ホワイトニングとは違いますので、自分の本来の歯の白さ以上に白くなるというわけではありません。
バイオフィルム
細菌集団を含んだマトリックスで、対象物の表面または境界面に付着しているもの。このバイオフィルムは、うがいや水洗、簡単なブラッシング程度では除去できません。スケーリング(歯石とり)やルートプレーニング(根面滑沢)などの、機械的な方法(PMTC)によってバイオフィルムを破壊することができます。

美しい口元や健康な歯を維持するために

予防のポイントはプラークの増殖を抑制し歯や歯肉に悪い影響を与えないようにコントロールしていくことです。そのためブラッシング(セルフケア)と 専門家によるPMTC(プロのケア)がバランスよくとれていることが重要になってきます。通常のブラッシングではどうしても落とせない汚れをわたしたち専 門家が定期的にクリーニングします。汚れが付着するまでの期間は人によって異なりますので、患者さんにあったリコール期間を守りお口の健康を保ちましょう.

フッ素治療

フッ素を歯面に塗布する事で歯の再石灰化を促進し、丈夫で健康的な歯を維持する治療法です。歯の表面では、食後2〜3分でプラークのph(ペーハー)は酸性に傾き脱灰がはじまります。この脱灰の時間が長くつづいたり、酸性度が強いほどムシ歯の危険度が増加します。通常唾液の力によって約20〜40分間でプラーク中のphが上昇し、再石灰化がはじまります。脱灰によって歯から唾液中に溶け出したカルシウムイオンやリン酸イオンは、再石灰化によって再び歯にとりもどされます。

この時、フッ素イオンもいっしょに歯にとりこむことができると歯質はフルオロアパタイトという硬く強い結晶構造を作り、酸によって溶かされにくい丈夫で健康な歯になります。、自分で歯磨き、歯間ブラシ、デンタルフロスなどで丁寧に、そして確実に除去することでプラークコントロールを心がけてください。場合によっては薬によりコントロールも必要となることもありますので、定期的な健診をおすすめします。その他、よく噛んで食べること、生活習慣の改善も予防となります。

虫歯の原因とは

1日3度の食事と1、2回の間食程度ではむし歯は簡単にはできません1日に何個となくアメをなめたり砂糖入コーヒーを何度も飲んだりする生活ではトータルの脱灰時間が長く、歯から流れ出すカルシウムの量が再石灰化の量を上 回ってしまいむし歯の危険が増加します。寝る前の飲食は最も危険です。寝ている間は唾液の分泌が低下するので、再石灰化の力がうまく働かないためです。

予防方法を知り、虫歯を予防しましょう

  • 一日にとる砂糖の量ではなく回数を制限する。
  • アメやガムを頻繁に食べたり、ジュースを何回にもわけて少しずつ飲んだりしない
  • 甘いものを食べたり、ジュースを飲むときはできるだけ1度に食べたり飲んだりする。
  • どうしてもアメやガムをやめられない人はシュガーレスのものを選ぶ。
  • 甘いものを食べるたびに歯みがきをしても予防の効果はあまりないので、歯みがきの効果を過信しない。
  • もちろん酸を作り出す細菌の絶対量を減らすため歯みがきをする。
  • フッ素などにより酸に溶けにくい歯を作る。

料金について

それぞれ治療にかかる費用は、治療方法や期間によって料金は異なります。まずは一度ご来院頂き、ご相談下さい。

このページのトップへ